最新の医療と健康方法

健康を保つために上手に医療を利用する方法です。

 

1つ目は、自分の体をよく知ることです。
自分の体はよく知っていると言う方が多いですが、簡単な健康管理ノートを付けておくと自分の体についてよくわかります。

 

例えば、睡眠時間が減っている時期によく風邪を引いている、あるいは花粉症のくすりを飲み始める季節に風邪を引くことが多いなど記録を見直すことで発見することがあります。

 

簡単な健康管理ノートを作り、自分の体についてよく知ることが上手に医療を利用することにつながります。

 

2つ目は、予防をし、できるだけ医療の世話にならないよう生活を管理することです。
医療、とくに西洋医療は体の不調な部分を治すものですが、必要な時に効き目が期待できるよう、普段はできるだけ医療の世話にならないことが大切です。

 

そのためには、病気、ケガを予防するため、日々規則正しい生活を送ることが何より大切です。

 

規則正しい生活を心がければ、食生活、睡眠の質も上がり、仕事の効率も上がり、ストレスも軽減されます。
3つ目は、医療機関に自分の体について的確に説明できるようにしておくことです。

 

今はお薬ノートなどが出ていますが、自分の体や体質について口頭で的確に医療機関の方々に伝えられるようにしておくことが大切です。
アレルギーがあった薬や食べ物についてはもちろん、どのような時にどのような症状に陥るかを的確に伝えられれば、医師が短時間で正確な診断をすることにつながります。

 

4つ目は、医療機関について知識を深めておくことです。
医療や健康は誰もが興味を持つ話題です。

 

普段から近所で評判の良い医療機関、困った時に役に立った保険など知識を蓄えておきましょう。

 

健康を保つために上手に医療を利用し、長寿と言われる日本での生活を充実し、楽しいものにしていきましょう。
自分の体についてよく知り、説明できることが医療、診察にかかる時間を短くし、膨大な医療費を減らすことにも役立つのです。